英会話の練習・トレーニング

おすすめの英語勉強サイト

英語を聞く耳を作る教材の紹介はコチラ

>>聞くだけ英会話

英会話の勉強のおすすめサイト

>>ゴーアブ

おすすめの英字新聞紹介サイト

>>英字新聞.net

英語で会話する際の心構えと大切なマインド

英語の学習において私たちが一番馴染みが薄いことといえば「会話」の部分だと思います。リーディングやライティングというのは、学校でも勉強してきましたが、スピーキングの部分を念入りに勉強してきた方というのは少ないでしょう。

 

そういう意味で、試験ありきの勉強、得点を取ることを目的としたものよりも、コミュニケーションを前提としたものであると、より難しく感じるものですし、誰もが必ず一度は苦手意識を持つはずでしょう。

 

私の英会話の経験

私が初めて英語の先生以外の海外の人と話した時、相手の言っていることが即座に理解できず全く会話が成り立つませんでした当時はとてもショックで、今まで何を勉強していたのかと情けなさでいっぱいでした。

 

その当時は、自分には英会話は無理なんじゃないかと思っていたところ、日本語を交えながらもコミュニケーションを取れている人に出会いました。その人の英語はとぎれとぎれなのですが相手にちゃんと伝わっているのでびっくりしたのを覚えています。

 

私はこの時、「英語を話す人も同じ人間であり、伝えたいわかってほしいという気持ちがあれば多少英語が間違っていても通じる」ということをきづきました。それから完璧主義でなくていいということも実体験として理解できましたし、簡単な挨拶からはじめて片言でよいからとりあえず英語で何か言ってみることにしました。すると英語を使うことに対しての苦手意識が徐々に薄くなっていき、今では簡単な会話くらいならできるようになりました。

 

気づき
・スピーキングの経験の足りなさ
・伝えることがコミュニケーションのゴール
・完璧な英語ではなくても伝わる

 

初心者だからの英語学習の特権

英語を実用的に使えるようになりたいのなら、完璧主義を捨てて英語で何か言ってみることが大事だと思います。もし相手の言っていることがわからなければ正直にわからないからもう一度言ってほしいと言えばいいのです。

 

そして、それは英語学習をしている人の特権であり、わからなければ聞いてしまうアドバンテージを持っていることをよく理解しましょう。逆に、わからないのに分かったふりをして何も言わないと相手はこっちが理解していると思い込んでしまいます。

 

理解できていないことが相手にはわかりませんし、そのためのミスマッチが起こる可能性があるので良いことはありません。試験ではないのですから何度も聞いて大丈夫です。初心者だからという気持ちでなんでも聞いて、臆せず勉強してきましょう。

ポイント
◆初心者だからわからなくて当然
◆勉強中であるなら聞くことが勉強!