英会話の練習・トレーニング

おすすめの英語勉強サイト

英語を聞く耳を作る教材の紹介はコチラ

>>聞くだけ英会話

英会話の勉強のおすすめサイト

>>ゴーアブ

おすすめの英字新聞紹介サイト

>>英字新聞.net

英語の耳を練習してつくる

英語を聞けるということ

英語のリスニングや聞き取りがなぜ重要なのかをしっかりと理解している人が少ないように感じますが、リスニングや聞き取りの勉強をする際に、こういった気持ちで取り組んでいただけると、より集中できて勉強にも身が入るかと思いますので、参考にしてみてください。

 

リスニングとは

・コミュニケーションの始まりであり、相手の意図をくみ取ること
・聞けるということは、英語を理解しているということにつながる
・英語がきければ、表現も豊かになる

上記、リスニングがなぜ大切なのかを端的にまとめたものです。

 

すなわち、

相手の言っていることを聞けることがコミュニケーション上不可欠であり、
英語を聞けたということは、文法や時制も深く理解できていることとイコールであり
耳から聞こえた表現を自分のものにできる。真似できるということ

になります。上記のことを考えれば、いかにリスニングが大切かお分かりいただけるかと思いますが、スピーキング(英会話)にも当然必要不可欠なスキルであり、十分に耳を作ることができれば、より効果的かつスピーディに英語を学習することができます。

 

 

英語耳を作る

英語はまず聞き取りが出来ないことで、敬遠する人が多いですが、上記にもあるようにリスニングはとても大切です。そのために英語を聞き分ける耳というのを作らなければいけないので、リスニングに重点をおいて耳を作るほうがのち勉強にも生きてくるでしょう。

 

★スピードラーニングなどの早い英語を毎日聞き流すことで耳を作る
わからなくてもずっと聞き流していくもので、最低200時間やりましょう。語彙力があって、繰り返し聞いていれば英語が聞けるようになってきます。フレーズを暗記してしまうくらい聞けば、反射的に口をついて返事が出るように変わります。

 

英語が聞けるようになったら勉強も楽しくなるでしょうし、怖くないからどんどん英語に集中できるようになります。プラスのスパイラルとして次々、単語も覚えるようになり、ぐんぐんと英語力がついていくと思います。