英会話の練習・トレーニング

英会話の練習とトレーニング

英会話のトレーニングの大前提

英語が必要だと感じている人も多いと思いますし、勉強したいと思うから勉強方法や練習方法について調べているのだと思いますが、まず勉強を始める前の大前提として「恥ずかしい英語は話せない・使えない」と思わないことが大切です

英語を話せない・使えないは当然。

 

日本人が英語できないというのは世界中の人々が知ってますし、苦手意識をもっているのも知っているでしょう。変な英語や発音がおかしくたって全然問題ありません。というか、発音がおかしいのは日本人の英語だけではありません。

 

シンガポールの英語は「シングリッシュ」と呼ばれるほど独特なものです。また、イギリス・アメリカ・オーストラリアといった英語圏の国々も発音が違います。そういった違いというのはどの国にもあることで、方言みたいなものだと認識しましょう。そう考えると、英語に正しい発音は無い。と言っても過言ではありません。

 

英語のうまい下手ではなく

方言

と考えよう!

 

なので堂々と自分の言いやすい発音で英語を話しましょう。ボソボソとおっかなびっくり話す方が声が小さくて相手に聞き取りづらいです。相手の方も「この日本人は英語も話せないのか」と思うより、「この日本人は発音は変だけど堂々と話すから会話しやすい」と思うでしょう。

 

逆の立場になって考えてみるとよくわかります。小さな声でボソボソと「ア、ワタシハ…」と話す外国人の方とハキハキと「ア、ワタシハ…」と話す外国人の方の方が印象は良いですよね。なので、英語は発音に不安があっても堂々と話す方が良いです。

 

 

日本人が陥りがちな勉強方法

みなさんは日本人が英会話を話せない本当の理由と言うのをご存知でしょうか?どうして多くの日本人が英会話を話せるようになるのかというと、それには
単なる英語の文法の勉強ばかりしかしてこなかったことにつきます。

◆スピーキング(会話)の勉強量はリーディングとライティングと比べてどうでしたか?
◆英語でディベートの勉強や経験がありますか?

 

手っ取り早くいえば、スピーキングの勉強をしてこなかったあるいは経験自体がないから、思ったように英会話を習得できなかったというわけです。

 

私たちが習得した「日本語」

自分がどうやって日本語を話せるようになったかという事です。みなさんも今現在日本語を流暢に話せるのは日本語の文法を勉強したからではないはずです。

 

身近な人間の話す言葉を聞いて自然と日本語を話せるようになったと思います。ですから、それと同じ要領で英語も勉強すればきっと英会話の習得も可能だと思うのでみなさんも英会話を話せるようになりたいならとにかく英語を繰り返し使うく事です。

 

それで英会話も苦もなくできると思います。

 

ポイント

◆英語はとにかく使うこと
◆話す話すひたすら話す
◆リーディングやライティングとスピーキングは別ものと考える

 

英語を聞く耳を作る教材の紹介はコチラ

>>聞くだけ英会話

更新履歴